コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため延期となっておりました令和2年度の1級学科試験を、令和2年10月11日(日)に実施することとなりましたのでお知らせいたします。
検定試験全体の変更日程の詳細については、下のボタンをクリックして当協会ホームページ内「令和2年度建設機械施工技術検定の日程変更について(お知らせ)」をご覧ください。

『令和2年度技術検定の日程変更について(お知らせ)』このボタンをクリック

なお、2級学科試験につきましては、2級学科試験(第2回)と合わせて実施することとなりました。実施についての詳細は、9月頃に当協会ホームページでご案内する予定です。

この予定は、7月31日現在の予定です。新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況によっては、一部地域で会場変更またはその地域での試験を中止する場合があります。会場変更等が生じた場合は、速やかにホームページでお知らせいたしますので、適宜ご確認をお願いいたします。

1. 試験の日時等

試 験 日  令和2年10月11日(日)
時間割  ・ 開場予定   8:30頃 ~
 ・ 入室時刻   9:15までに入室し着席のこと
 ・ ガイダンス   9:15 ~ 9:30
 ・ 1時限:実地試験(記述式A)   9:30 ~ 10:30(60分)
 ・ 2時限:学科試験(記述式B)  11:25 ~ 12:25(60分)
 ・ 3時限:学科試験(択一式)  13:35 ~ 16:05(150分)
遅刻者は、試験開始から30分以内に入室した場合に限り受検できます。
ただし、3時限目の遅刻者は受検できません。
2時限目からの受検者は、学科試験を合格しても当該年度の実地試験(実技)は受検できません。この場合、令和4年度の1級第二次検定に限り、1級第一次検定の免除者として受検できます。
受検の際は、「3.新型コロナウイルス感染症の感染防止対策について」の注意事項を遵守し、防止対策にご協力をお願いいたします。特に、下記については厳守してください。
・マスクはご持参のうえ、必ず着用してください。
・新型コロナウイルス感染症が疑われる場合は、受検を控えてください。

2. 試験会場

地域 会場名 会場所在地 駐車場有無
北海道 星槎道都大学 北海道北広島市中の沢149番地
東北 岩手産業文化センター(アピオ) 岩手県滝沢市砂込389-20 会議棟
東京 東京都内で調整中 東京都内で調整中
北陸 朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター) 新潟県新潟市中央区万代島6-1
中部 名古屋芸術大学 西キャンパス 愛知県北名古屋市徳重西沼65番地
関西 摂南大学 寝屋川キャンパス 大阪府寝屋川市池田中町17-8
中国 TKPガーデンシティ広島駅前大橋 広島市南区京橋町1-7 アスティ広島京橋ビルディング
四国 高松センタービル 香川県高松市寿町2-4-20
九州 豊国学園高等学校 福岡県北九州市門司区柳町4-5-1
沖縄 沖縄県市町村自治会館 沖縄県那覇市旭町116−37
コロナウイルス感染症の感染防止対策として、会場内はすべて禁煙です。
駐車場ありの会場でも、満車となり駐車できない場合がありますので、できる限り公共交通機関を利用して来場願います。

3.新型コロナウイルス感染症の感染防止対策について

以下について熟読のうえ、厳守してください

(1) 受検者における注意事項

①試験当日の検温について
  • 試験当日の朝に、受検者自身により検温し、検温結果を受検票に記入のうえ、試験会場に持参してください。
  • 検温の結果、体温が37.5度以上あった場合は、当協会試験部へ9時30分までに電話連絡を行い、受付担当者の指示に従って、欠席の手続きを必ずしてください。
②試験日の2週間前までに海外から帰国した者および新型コロナウイルス感染症について陽性と診断された者との濃厚接触者、新型コロナウイルスへの感染が疑われる症状が出た者について
  • 新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合は、試験日の前日までに、当協会試験部まで電話連絡を行い、受付担当者の指示に従って、欠席の手続きを必ずしてください。
③上記の①および②で欠席した場合について
  • 必要な欠席手続きを行った方へは、受験手数料の全額を返金いたします。
  • 返金は、郵便物送付先住所へ、令和2年12月初旬頃までに現金書留でお送りします。
  • 必要な手続きを行わない場合は、通常の欠席者として扱われます。
④試験会場における注意事項について
  • 試験当日の検温結果を記入した受検票を必ず持参してください。
  • 試験室へ入る前には、会場に備えた消毒液または自身で準備した消毒液で手指を消毒するか、手洗いを入念に行うようにしてください。
  • 受検にあたっては、マスクを持参し、試験会場内では必ず着用してください。
  • 試験室内での受検者同士による会話は行わないでください。試験監督者等との会話が必要な場合も、ソーシャルディスタンスを確保し、大声は出さないように務めてください。
  • 試験室の外でも、受検者同士の会話はできる限り控え、ソーシャルディスタンスを確保し、大声は出さないように務めてください。
  • 試験は、換気のため、試験室の出入り口扉と窓を開けて行います。当日の気温に適した服装で受検するようにしてください。
  • 試験会場内は、すべて禁煙とします。また、近隣の方への迷惑となる会場外の路上等での喫煙も禁止とします。
  • ④における注意事項を守らない場合、試験実施責任者が試験の中止と、会場からの退去を命ずる場合があります。この場合、試験は不合格となります。
⑤試験会場で体調不良となった場合について
  • 試験会場で体調不良となった場合は、試験監督者に申し出てください
  • 症状によっては、帰宅の要請や、保健所へ連絡しその指示に従うことになります。

(2) 試験会場での防止対策について

①入場時の検温
  • 集合時の混雑(密状態)を避けるため、原則として入場時の検温は予定しておりませんが、次の会場では施設管理者からの要請により検温を実施します。(検温を実施する会場は受検票に記載しますが、受検票発送後に判明した場合はホームページでお知らせいたします。)
地 域 検温実施会場名
東北 岩手産業文化センター(アピオ)
  • 検温のため整列する場合は、周囲との会話を控え、適切な距離を確保するとともに、会場担当者の指示に従ってください。
  • 検温実施会場については、入室時刻を考慮のうえ、試験会場に9時までに来場し検温を受けるようにしてください。
  • 検温のため入室が遅れた場合や、試験開始時刻に間に合わない場合の救済措置はありませんので注意してください。
②試験室の3密対策
  • 出入り口扉と窓を開放し換気を行います。(密閉空間としない。)
    なお、会場によっては窓の開かない会場があります。その場合も、換気量は厚生労働省のガイドラインを満たす会場で行います。
  • 座席の離隔は、一定の離隔を設けます。(密集をつくらない。)
  • マスク着用を義務付け、受検者同士の会話は控えることとします。(密接を避ける。)
  • 上記により3密を避けるほか、試験中の受検者の向きは一方向であること、在室時間のほとんどは試験中で会話がないことから、一般的なイベント等に比べてウイルス感染のリスクは低いと考えております。

4. 関連情報

(1) 令和3年度からの技術検定の改正について

PDFファイルのダウンロード

(2) 令和2年度 2級学科試験の実施について(お知らせ)

準備中

 

(3) 令和2年度および令和3年度における技術検定の流れ

【1級】

PDFファイルのダウンロード

【2級】

PDFファイルのダウンロード

(4) 令和2年度技術検定の日程一覧表

PDFファイルのダウンロード